ジューサーには高速タイプと低速タイプがある

自宅で野菜や果物の飲み物を手作りする場合にジューサーが必要になります。大きく分けると高速タイプと低速タイプの二種類あります。高速タイプはカッターで食材を切り刻み高速で回転するのが特徴です。この動きによって遠心力が生じて内容物を水分と搾りかすとに分けます。

メリットはいくつかあります。まず、一度にたくさんの食材を入れられることです。それからジューサー本体の価格が安く、五千円前後で購入できることです。しかしデメリットもあります。それはジュースの栄養素が減少してしまうことです。高速ジューサーは食材を切り刻む際に摩擦熱が伴いますので食材の酵素が壊れてしまいがちです。

さらに遠心力で搾りかすを飛ばすのでどうしても空気に触れてしまいます。それにより少し時間が経つと酸化してしまい黒ずんでしまうんです。そして使用中はウィーンとかなりの音が出るので騒音も気になるところです。
続きを読む ジューサーには高速タイプと低速タイプがある

レコーディングダイエットで痩せるには

私は現在マイナス5kg以上を目標にダイエットをしています。私自身、そんなに太いわけではないので、マイナス10kgしないといけない!などでは決してないのですが、最近無意識でカロリー摂取が多かったのか、見た目は変化ありませんが、体重がぐっと増えてしまっていたのです。

しかし、分かってはいても足りないと思って食べてしまいます。運動は、社会人になってから、機会も時間もなくなってしまい、カロリーを消費する事もなく、ただ食べていたのだと気付きました。そこで、始めたのがレコーディングダイエットです。ブログで今日食べたもの、運動した事などを記入し、人に見てもらうものです。

ダイエットしていると言っているのに、それだけ食べているの?と注意される事が怖くなり、ダイエットらしいしっかりバランスの取れたヘルシーな食生活が意識出来ます。誰かに見てもらえているという事で、がんばっていたり痩せた結果が出ると、一緒に喜んでもらえたり褒めてもらえたりするので、更にがんばろうと意識も高くなります。

おそらく、太ってしまった人は自分でも気付かない内にカロリーをとってしまっている上に、あまり運動出来ていない事が原因だと思います。原理的に言えば、どちらかがしっかり出来ていてバランスが取れていたら太る事はないわけですから、そこを自分で認識し、改善させなければいけないのだと、レコーディングダイエットをしてみて、自分自身で痛感しました。